クラブDJの給料年収やランキング・かっこいい踊り方を解説! | 給料BANK

クラブDJの給料年収・年俸ランキングを解説!|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > クラブDJの給料年収・年俸ランキングを解説!

クラブDJの給料・年収や手取り額を解説!

クラブDJの給料・年収を解説します。

clubdj_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブDJの平均給料・給与

  • 15万円
  • 20代の給料:10万円
  • 30代の給料:10万円
  • 40代の給料:15万円
  • 初任給:10~万円
    有名DJは含めておりません。求人から算出しました。詳しくは補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

クラブDJの給料・年収補足

20代の給料:10万円~15万円(推定)
30代の給料:10万円~20万円(推定)
40代の給料:15万円~25万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
120万円~200万円となると予測されます
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:10万円~15万円(月収)
大阪の求人調査結果:10万円~25万円(月収)
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
※現在もDJの給料を調査しております。
ご協力いただける方、最下部にコメント欄があるので匿名でいいのでイベントでどのくらいのギャランティがあるのか是非書き込みいただければ幸いです。

クラブDJ画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラブDJの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
10万円~20万円となりそうです。

クラブDJの仕事内容

クラブDJの仕事は、クラブ内のBGMを選曲して流し、クラブ内を盛り上げることです。
その場にぴったりと合った音楽をかけることが求められます。
楽しげに盛り上がっているときには、テンポの良い盛り上がる曲。
カップルが多いかなと思ったらラブソングを中心にかけてみたり・・・。
状況に応じて臨機応変にBGMを選んで流し続ける仕事です。
 
クラブによっては、時折テーマを統一して曲を流すこともあります。
今日はアニメソングの日、今日はEDMの日など、曲の種類をあらかじめ日によって決めているというところもあり、クラブによって流す音楽も変わるのです。
最近ではテーマが常に統一されているクラブもあり、自分が精通している音楽のジャンルでクラブを選ぶということもできるようになりました。
 
クラブDJの中には音を作ったり、プロデュースをしたり、スクラッチ専門のDJなどジャンルも多々あります。

クラブDJの仕事の面白さ・向いてる性格

クラブDJの仕事の面白さは、お客さんが笑顔で盛り上がってくれるところにあります。
自分が流している音楽によってお客さんの気分が盛り上がり、笑顔になる。
最初から最後まで笑顔でいてくれると、とても嬉しいものです。
そういったことがやりがいであり、仕事の面白さだと語るDJが多いですよ。
 
クラブDJに向いているのは、まず空気が読める性格の人です。
今フロアにいるお客さんはどんな年齢層なのか、どんな間柄の人が多いのか。
それぞれの特徴をつかみ、現在のフロア内全体の雰囲気を掴まなければ、その場にあった音楽を流すことはできません。
また、場を盛り上げなければならない仕事であるため、自身も明るい性格である必要があります。
根っこから明るい性格でなくても、仕事中は「明るく振舞う」ことが求められるのです。
 
人を楽しませるには自分から楽しむこと。
そういったことを意識して、音楽が好きで、空気が読めるなら、クラブDJに向いているでしょう。

クラブDJになるには?

クラブDJになろうとする前に、まずクラブDJにも働き方があることを知っておきましょう。
・クラブや飲食店専属のDJ
・フリーランスのクラブDJ
・タレントとしてのクラブDJ
・音楽プロデューサーとしてのクラブDJ
 
働き方としては、上記が代表的です。(他にもあるようです。)
まずは専属のDJですが、これは一つの店舗に勤務するタイプのDJです。
求人に応募する形で入ったり、コネで入る人が多くなっています。
客として通いつめて、スタッフに顔を覚えてもらい、その延長線でDJになる人も多いようです。
コネが無いということであれば、DJのスクールでプロと知り合ったり、スクールの斡旋でクラブDJになる人も多いですよ。
 
また、フリーについてですが、これはより広く深いコネが必要となります。
コネがなければ、フリーランスで仕事をもらうことはなかなかできません。
ただ最近では掲示板などで募集しているろところもあるので、そういったところに応募すると良いでしょう。
しかし、場合によっては集客ノルマ有りの場合があります。
そういった場合には、ノルマを達成しなければ赤字になってしまったりするため、客を呼べる人でなけれべ難しいですね。
 
タレントとしてDJ活動をする場合ですが、これはまれです。
主にタレント活動をしてから、DJになるのが一般的。
タレントがDJブースでDJをしていれば、クラブにとってはとても高い集客効果になりますからね。
パリスヒルトンは一度のイベントで5億を稼ぐそうです。
すでにメディア露出をしているという人は、DJができればプラスアルファとしてよいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラブDJの年収ランキング【世界編】

これは2014年の年収ランキングですが、Forbesという経済誌で公表された世界のDJの年収ランキングを紹介します。
 
1位:カルヴィン・ハリス 年収6600万ドル(68億円程度)
DJになる前は、スーパーで働いていたそうなのですが、いまや50以上のイベントに出演して、世界で一番稼いでいるDJとなりました。
出身地はスコットランドで、リアーナなどミュージシャンの楽曲をプロデュースしたりもしています。
「Feel So Close」という曲が全米シングルチャートで12位をとり、代表曲となっているようです。
 
2位:デヴィッド・ゲッタ 年収3000万ドル(30億円程度)
レディー・ガガ、ブリトニー・スピアーズに楽曲提供をしたりと、とても有名です。
出身地はフランスのパリ。
13歳のときにはもう自作でミックスを作成し、17歳には専属DJとして活動を開始しています。
パーティを手がけたり、楽曲の提供をしたりと多彩な活動をしていますよ。
 
3位:ティエスト 2800万ドル(29億円程度)
出身地はオランダで、Hakkasanという人気クラブでDJとして活動しています。
そのクラブは、ラスベガスにあるとても人気名クラブで、ギャラは一晩で2000万円だそうです。
EDMブームの生みの親とも言われていますね。

dj初心者が有名になるにはどうしたらいいの?

DJ初心者が有名になるには、とにかく有名なクラブやDJとコネを作ることです。
有名になるためには、もうすでに有名な人や店とつながりを持つことが近道でしょう。
さらに、コネ作りだけではなく、自作ミックスを作るなどの取り組みも必要だと思われます。
世界的に有名なDJは、自分でミックスを作ってそれを流していることが多いです。
ただ選んで流すだけでなく、自分でミックスを作って流すということをすると、DJとして一歩先に行けるのではないでしょうか。
 
そうして平行して、コネをつくる。
地道に努力し、かつ大胆に行動することが、有名になるには大切なことです。

クラブでのかっこいい踊り方はどうしたらいい?【練習方法など】

給料解説者ぺすくん

クラブでは、あまり派手に動かなくてもかっこよくなります。
お酒を片手に踊るようなイメージですね。
むしろ派手に踊ってしまっては、無邪気に見えてしまい、あまりかっこいいとは言えません。
クラブでかっこよく踊るには、控えめに大人っぽくをイメージしてみましょう。
 
振り付けなどについては、文字で説明するのが難しいので、動画を見て練習してみると良いでしょう。
クラブで使えるダンス・振り付けの動画については、Youtubeにさまざまなものがアップロードされています。
例えば、次のURLのような動画です。
 
踊り方1
踊り方2
 
 
以上のような動画の振り付けを真似して踊るだけでも、いい練習になります。
家でできるので、是非動画を見ながら練習してみてはいかがでしょうか。
 
ちなみに日本で有名なDJkaoriの読み方はwikipediaをみるとディージェイ・ケオリになってることはご存知ですか?

クラブDJの口コミお給料

給料:0万円

初心者なので逆にお酒飲み代などで-になってるかも。

給料:1万円

普段は昼間会社員をしながらやってますが、一度のイベントで1万~3万ぐらい貰ってます。

クラブDJの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧