ワイン醸造家の給料・手取り・初任給を解説! | 給料BANK

ワイン醸造家の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > ワイン醸造家の給料、手取り、初任給

ワイン醸造家の給料年収や手取り額、初任給を解説!

ワイン醸造家の給料年収を解説します。

ワイン醸造家の平均給料・給与

  • 24.6万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:31万円
  • 初任給:16~万円
    大手で手取り16万前後

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ワイン醸造家の給料・年収補足

20代の給料:18万~20万円
30代の給料:30万円前後
40代の給料:40万円前後
年収3,500,000~5,000,000円
40代群馬在住のワイン醸造家が年収500万。
長野県のワイン醸造は17万円
 
求人を見てみると、長野や群馬のワイナリー求人が多く、300万円〜500万円となっておりました。

ワイン醸造家の仕事内容

ワイン用品種ぶどうを自然発酵させて作る、ワイン製造に関する知識と技術を兼ね備えた、職人というよりも、スタッフ全体を指すことが多いです。
ぶどう園(ワイナリー)を経営し、海外では成功者の証として、ワイナリーで自家製ワインを作ることが、ステイタスとして知られています。

ワイン醸造家の給料手取り

ぶどうの収穫から、翌年1年は無収入になるので、実際の収入が得られるまでは、ワイナリーの平均で10年以上かかるのが普通のようです。
製品市場も非常に狭く、出荷量も低いので、大手のワイナリーで求人を見る限りでは、製造では手取り16万前後が最も多いようです。
従って、従業員がワイナリーの収入で生活できるためには、相当に規模の大きな酒造メーカーに勤務する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワイン醸造家になるには?【資格・難易度・合格率】

手始めに、ワイナリー就労ビザを所得し、海外の醸造所で経験するのもよいでしょう。
ぶどう酒醸造は、ぶどうの表皮についた天然酵母だけを使うので、ぶどうの名産地などに多くのワイナリー、ぶどう酒醸造所があります。
日本では、山梨や北海道が有名ですね。
サントリーなどの酒造メーカーも、自社のワイナリーを持っているので、求人が時々ネットで出てきます。
一般的なのは、ワイン醸造技術管理士エノログの資格を得る道です。
農業に関する大学で酵素化学などを学び、卒業後にワイナリーの求人から働いて、現場で修行し、葡萄酒技術研究会認定のエノログを所得するといった方法が、ベストかもしれません。

ワイン醸造家の募集や求人はどこでみつけるのがいいの?

日本では、非常に求人枠が狭く、近年目立った募集は行われていません。
サントリーなどの一部の酒造メーカーが、時々募集を出していますが、固定給の条件記載がないので、資格や経験をかなり重視しているそうです。
具体的には、サントリーワインインターナショナル株式会社で、サントリーの公式ホームページで現在、掲載中です。
甲斐ワイナリー、福田農場ワイナリーなど、過去にも求人を出した農園もあります。
ネットだけではなく、現地のワイナリーなどに問い合わせるなどの行動も必要です。
ワインは、醸造家一人で出来るものではなく、収穫から仕込みまで、グループで行なうので、欠員が出れば、募集を行う可能性が高いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワイン醸造は日本だとどういう企業が有名なの?

給料解説者ぺすくん

山梨県甲州市勝沼のシャトー・メルシャンは特に有名だと思います。
ワイン製造には、醸造家というよりも、ぶどう栽培と発酵の知識を要し、スタッフとしてワイナリー全体が、醸造に関わります。
サントリーも登美の丘ワイナリーなどを、山梨県甲斐市につくってますし、北海道では、富良野市ぶどう果樹研究所などは、観光でも非常に有名なワイナリーです。
北海道には、十勝ワインも有名で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所も、非常に全国に知られたワイナリーとして有名です。

ワイン醸造家の口コミお給料

給料:16万円

ワイン醸造家として見習いですが企業で働いています。

給料:18万円

自社農園のブドウ栽培から醸造までやってます。
管理業務も仕事の一環なので楽しんでいますが、繁忙期はお休みは取るのは厳しいです。

ワイン醸造家の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧