テキ屋の給料年収・求人・仕事内容や語源・種類を解説! | 給料BANK

テキ屋の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > テキ屋の給料年収・仕事内容を解説!

テキ屋の給料年収や手取り額、初任給を解説!

テキ屋の給料年収を解説します。

テキ屋の平均給料・給与

  • 20万円
  • 20代の給料:10万円
  • 30代の給料:15万円
  • 40代の給料:20万円
  • 初任給:8~万円
    ※年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

テキ屋の給料・年収補足

20代の給料:10万円~15万円(推定)
30代の給料:15万円~20万円(推定)
40代の給料:20万円~30万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
200万円~350万円となると予測されます。
 
副業としてテキ屋をやっている場合、テキ屋だけの年収だと100万いかない人が多いです。
ただ、テキ屋の中には全国を行脚しているタイプの人たちもいます。
そういう人たちはテキ屋専業(でないと忙しすぎてやっていくことができません)なので、年収は300万円を超える場合もありますよ。
場合によっては年収500万円とかになる人もいて、案外バカにはできませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テキ屋の仕事内容

地元の祭りや神社で行われる祭りなどに出店を出すのが仕事です。
射的にお面、焼きそばにたこ焼きに金魚すくいに・・・。
いろいろな屋台を出します。
 
地元の商店街などが盛り上がっているところだとテキ屋の店は少ないですが、そうではないところなんかは「テキ屋を摘発すると出店がなくなる」と言われるほど、テキ屋が多く出展していますよ。

テキ屋の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テキ屋の求人(アルバイト)ってどこで探すの?どのくらいの時給相場なの?

テキ屋の求人というのは、普通に探してもなかなか出てこない。
それもそのはずで、テキ屋というのは結構グレーゾーンなのです。
警察の取り締まりが強化されている地域もあるくらいですが、基本的にはお祭りのためにテキ屋を摘発したりすることはありません。
風俗なんかと似たような感じで、何か特に悪いことをしなければグレーゾーンで許されているぎりぎりな業界です。
そういうわけで、一般的に求人を掲載することはできません。
 
テキ屋でバイトをしようと思ったら、まずはテキ屋の人と仲良くなるのが良いですね。
地域密着の副業としてやっている地域のテキ屋さんなら、町内会の催し物や祭りなんかには絶対参加するようにして、そこで仲良くなってバイトしたいと申し出るというのが王道でしょうか。
それか、とりあえずどこでもいいから祭りに行ってみてその祭りで出店を出しているテキ屋の人に「バイトとか募集してますか?」と声をかけてみるのもありです。
勇気とコミュニケーション能力は必須ですよ。

テキ屋って普段何やってるの?

テキ屋が普段何をやっているのか。
それは、そのテキ屋が副業か専業か、何のお店を普段出しているのかなどにもよりますね。
副業でやっているテキ屋だと・・・あっち系の人たちも多いそうです。
 
ただし、そうでない人も多いですよ。
普段は普通の仕事をしているけれど祭りのときにだけテキ屋として大活躍する人たちもいます。
副業としてテキ屋を営んでいる部類ですね。
テキ屋が普段何をしているかについて、テキ屋はどこからくるのかについて詳しく知りたい方、テキ屋に興味があるという方は光文社新書から出ている厚香苗著の『テキヤはどこからやってくるのか?』という本がおすすめです。
 
テキ屋が普段兄をしているのか、テキ屋業界の常識や信仰などを紐解いていっている本で、テキ屋としての仕事がしたい人や、テキ屋の仕事に興味がある人にはおすすめの本ですよ。

テキ屋の意味や語源って?

テキ屋は、「当たれば儲かる」という特徴があります。
その特徴から、的矢にたとえられ、テキ屋と呼ばれるようになったと言われていますよ。
的屋(まとや)・香具師(やし)・三寸とも呼ばれる仕事です。
職業神として、神道の神である(もともとは中華文明圏から伝わった神様)「神農の神」「神農黄帝」を祀っているテキ屋も多いため、その世界の人たちには神農(しんのう)と呼ばれることもありましたが、今ではあまり呼ばれません。
 
テキ屋の歴史は、江戸時代より前にまでさかのぼります。
庶民の生活習慣の中に、縁日が根ざすようになってから、各地域で経済が発展し、定期市が発生しました。
その定期市などが、テキ屋を発展させたと言われています。
江戸時代になると、祭り文化の発展と一緒になってテキ屋も発展。
昭和初期までその勢いは続いていました。
年間で500から600を超える縁日が催されていたときもあったほどで、テキ屋は専業で行うものでしたが、今となっては縁日が消え、祭りも地域で年に数回になってしまい、テキ屋も衰退。
しかし、完全には消えず、今でも祭りの賑わいに一役かっているわけです。

テキ屋って種類はどんなのがあるの?

給料解説者ぺすくん

いろいろと種類分けはできます。
まずは出店の規模による種類わけです。
転び・・・地面にござなどを引いて、その上に商品を転ばす形で売っているテキ屋。
小店・・・三寸よりも売り台が小さくて、スペースがかなり小さい店です。
三寸・・・売り台の高さが一尺三寸ほどになっていることから呼ばれています。
高物・・・仮説建築程度の小屋を作ることもあって、最近ではあまり見かけなくなった種類で、お化け屋敷などがこれにあたります。
 
その他、大占めと呼ばれる「手品などで客引きを行って物を売る」「バナナの叩き売りをする」ようなテキ屋。
射的やスマートボールなど、景品がついている賭け物などを営む弾き。
正月の飾りなどを販売している木と呼ばれるテキ屋が存在します。
 
出し物の種類は、大きく分けて「消え物」「玩具」「賭け物」「動植物販売」などがあります。
消え物は、綿菓子やリンゴ飴、ベビーカステラ・焼きそば・たこ焼き・イカ玉焼き・お好み焼きなどが一般的。
玩具はお面などが一般的ですね。
賭け物というのは、金魚すくいやカタヌキ、射的や昆虫レース、千本引きなどがあります。 千本引きというのは、一箇所に束ねられている紐を引っ張って、それが景品と結びついていれば景品が貰えるというもの。
 
動植物の販売とはどういうことかというと、「カラーひよこ」などのことです。
現在ではあまり見かけなくなりましたが、一部地域ではまだカラーひよこなどの動植物の販売が行われています。
金魚すくいや亀釣りなどは賭け物に含まれ、今でも大人気ですね。

テキ屋の口コミお給料

給料:30万円

副業でやってます。地元のおっちゃんが昔から仲がいいのでそれを引き継いでます。

給料:7万円

夏休みのバイトでやってました。

テキ屋の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

約束は10000円でも売り上げが悪いと10000円の約束はどこへやら、ごせんえ~~~~んとか言い出すこともある売り上げが会わないとか 言い出して金払わないとか平気なやつもいる 最低なお馬鹿です   然し男気とゆうか森も山も見てる賢い人もいる 後者は固く良いバイトになりますね日×10000円ですよ 金が貰えそうも無かったら前もってバイトに見合う分抜いておくのも手ですね 責任は取れませんが頑張ってみてください 

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧