ソムリエの給料年収・仕事内容やなるには?【資格】、求人就職を解説! | 給料BANK

ソムリエの給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > ソムリエの給料年収・仕事内容を解説!

ソムリエの給料年収や手取り額、初任給を解説!

ソムリエの給料年収を解説します。

ソムリエの平均給料・給与

  • 30万円
  • 20代の給料:15万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:0~万円
    ※年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ソムリエの給料・年収補足

20代の給料:10万円~15万円(推定)
30代の給料:20万円~30万円(推定)
40代の給料:30万円~50万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~500万円となると予測されます。
 
見習いの場合は、ほとんどが10万円ちょっとの月給です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソムリエの仕事内容

ソムリエは、レストランやホテルなど、ワインを提供しているお店でワインを給仕するのが仕事です。
また、それだけではなく、お客様の趣味趣向やその日の気分などを考慮しつつ、その日その場にぴったり合ったワインをチョイスする仕事でもあります。
ワインの仕入れやワインセラーの在庫管理や、リストの作成など仕事は多岐にわたりますよ。
 
ソムリエに求められるのは、丁寧な言葉遣いと高いマナー、接客力です。
また、毎年新しいワインが出されるため、毎日毎日勉強の積み重ねをするのも仕事のひとつ。
仕事場は、主にイタリア料理店やフランス料理店になります。
 
勤務時間は夜が中心になり、昼夜逆転気味になることがあるようです。

ソムリエの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
10万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソムリエになるには?【資格・免許】

ソムリエとして仕事をするのに必須な資格はありませんが、取っておくべき資格はあります。
それは、一般社団法人日本ソムリエ協会主催の資格試験です。
ソムリエの資格は、ワインなどのアルコール飲料を提供している飲食店で5年以上経験をつみ、今もなお従事している人限定の試験になります。
 
会員試験になると、会陰暦が3年以上であり、現行の会員である必要がありますが、ほとんどの場合は一般試験になりますね。
ソムリエの資格の次には、シニアソムリエというものもあります。
これは、協会が認定しているソムリエであること(ソムリエ試験合格者)ソムリエ資格認定がされてから3年目を迎える人、ワインやアルコール飲料を提供している飲食業に10年以上従事し、現在も従事している人が対象です。

ソムリエの求人や就職の見つけ方

ソムリエの求人は、まず最初はとにかく料理店の求人を見つけましょう。
ソムリエ試験を受けるためには、アルコールを提供している料理店で働いていなければいけないので、飲食店の求人を見つけることが先決です。
飲食店の求人は、ハローワークや地域求人情報誌、インターネットの求人サイトなどに多数掲載されています。
 
見習いとしてソムリエに習うのであれば、「ソムリエ 見習い 募集」と調べるとたくさん出てきますよ。

ソムリエの過去問や合格率は?

ソムリエ試験の過去問題は調べるとたくさんでてきます。
さまざまな衛生や飲食業全般に関する知識、ワインの知識などが出題されますね。
衛生関係だと、2013年度に出た問題で、「次の感染症類型とその疾患例の組み合わせとして正しいものを選びなさい」というものがありました。
 
ワイン生産量1位のD.O.C.G./D.O.Cを1つ選べなど、専門用語が出題に使われることもありますよ。
ワイン生産地域に関する地理問題なども出るので、幅広い知識が必要になりそうです。
 
合格率は、高いとは言えませんが、特別低いわけでもありません。
1982年から2014年までの累積合格者数での合格率は、男性が54%、女性が46%のようです。
約半数が合格のようですね。
年々女性よりも男性のほうが合格率が高い傾向があります。

ソムリエの意味って?

給料解説者ぺすくん

ソムリエとは、荷役用の牛馬という意味のラテン語である「sagmarius」「saumarius」が語源です。
それがだんだんと時代を経るにつれて「sommier」になり、動物の使い手という意味の「sommelier」という言葉が生まれました。
その動物の使い手という意味から、王様の旅行の際に同行して荷物を運搬する仕事を取り仕切る人を指すようになったんです。
 
その後、取り仕切って管理をするということから、宮廷で食事やワインの管理をしたり、指示を出す人をソムリエと呼ぶようになりました。
王政が崩壊してからソムリエの職場は宮廷からレストランでのワイン係になって、ワインの専門職をソムリエと呼ぶようになったんです。
 
また、現在では「ある物事に精通していて、人にアドバイスができる専門家」という意味でも使われています。
「野菜ソムリエ」などの言葉はそこから生まれました。

ソムリエの口コミお給料

給料:26万円

フランス料理のお店で働いています。

給料:33万円

お店構えています。料理長と二人でやってます

ソムリエの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧