コンシェルジュの給料年収や求人募集・なるにはを解説! | 給料BANK

コンシェルジュの給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > コンシェルジュの給料年収・求人募集を解説!

コンシェルジュの給料年収や手取り額、初任給を解説!

コンシェルジュの給料年収を解説します。

コンシェルジュの平均給料・給与

  • 27万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:17~万円
    給与年収は補足参照ください。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

コンシェルジュの給料・年収補足

20代の給料:20万円~30万円(推定)
30代の給料:25万円~25万円(推定)
40代の給料:30万円~45万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
400万円~550万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:17万円~27万円(月収)
東京の求人調査結果:17万円~35万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~28万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~30万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンシェルジュの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~32万円となりそうです。

コンシェルジュの仕事内容

コンシェルジュは、ホテルで観光スポットを案内したり、各種チケットを準備したり、旅行のプランニングをしたりする仕事です。
お客様のさまざまなリクエストに応じる、旅行のプロと言えるでしょう。
ホテルが中心となっていますが、最近では高級マンション・百貨店・レストラン・駅や病院など、様々なところでコンシェルジュが必要とされています。
 
旅行のプロというのは派生したような仕事で、コンシェルジュというのは総合的な世話係のような仕事をするものです。
その中の一部として、観光スポット案内などがあります。
様々な業界において水先案内人としての役割を果たしたり、世話係としての役割を果たしていると考えれば、仕事内容もわかりやすいのではないでしょうか。

コンシェルジュの仕事の面白さ・向いてる性格

コンシェルジュの仕事の面白さは、それぞれ勤める職場によります。
たとえばホテルであれば、お客様の笑顔や、自分のしたことに対する感謝の気持ちなどがやりがいとなります。
そういったことが、仕事の面白さとなるのです。
他の職場において、シチュエーションなどはさまざまあるでしょうが、基本はお客様本位の仕事。
お客様の感謝の気持ちを直接受け取ることができる仕事ということが、この仕事の面白さと言えます。
 
向いているのは、細かいところまで気が回る性格の人です。
人のことを良く観察し、いろいろなことに気が付く人でなければ、最適な仕事ができません。
お客様の要望を満たすためには、必要な素質です。

コンシェルジュになるには?【資格難易度・合格率・倍率】

コンシェルジュは、資格が無くても就くことができる職業です。
そのため、実力社会となっています。
コンシェルジュとして求められる能力というのは、とてもレベルの高いものです。
お客様のさまざまな要望を満たすためには、さまざまな能力が必要になります。
 
たとえば、英会話スキルです。
ホテルコンシェルジュということであれば、必ず求められるスキルになります。
外国人と問題なくリアルタイムで会話をすることができる程度の語学力が必要。
場合によっては、英語以外の言語も必要とされることがあるでしょう。
 
また、コンシェルジュになるのであれば大卒以上の学歴が欲しいところです。
高卒でもホテル業界に入ることはできますが、ホテルコンシェルジュとしての道は険しくなります。
他の仕事をしながらホテルマンとしての知識や経験を培っていき、ホテルコンシェルジュになっていくのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンシェルジュの就職先・求人はどんなところが多いの?

コンシェルジュの仕事は、ホテル業界が最も多いです。
求人を探すさいにも「ホテルコンシェルジュ」と探すと良いでしょう。
ホテル以外であれば、最近ではマンションコンシェルジュの仕事も多くなってきていますね。
後は駅や病院・レストランや百貨店などがありますが、それらは少数派の業種となっています。
 
探し方としては、それぞれの業種の後ろにコンシェルジュという言葉をつける探し方です。
ホテルコンシェルジュ・マンションコンシェルジュなどはそれでヒットします。
他の仕事については、普通に「コンシェルジュ」と検索しましょう。
 
次の検索ワードを使ってみてもいいかもしれません。
ブックコンシェルジュ・ティーコンシェルジュ・ワインコンシェルジュ・ラムコンシェルジュ・コスメコンシェルジュ・医療コンシェルジュ。

コンシェルジュで習得すべき資格と養成学校

コンシェルジュの養成学校は、それぞれの業種ごとにあります。
たとえば、ティーコンシェルジュ協会には協会が行っている養成講座がありますし、ホテルコンシェルジュもホテル業界関連の専門学校に養成コースがあります。
ホテルコンシェルジュの学校は、たとえば大原外語観光&ブライダルビューティー専門学校のホテルコンシェルジュコースなどがありますよ。
ホテルコンシェルジュと名を冠するコースを設定している学校は多くはありませんが、それぞれのホテル関係のコースで目指すことができるでしょう。
 
養成講座などについては、気になるコンシェルジュ職について調べてみると、各種団体の養成講座がヒットします。
気になるものがあれば、検索してみると良いのではないでしょうか。
 
資格に関しては、先述した検索ワードに関する協会が認定している資格があります。
必須ではありませんが、信頼を高めるために取得しておきましょう。

コンシェルジュの意味や語源

給料解説者ぺすくん

コンシェルジュというのは、元来フランス語です。
本来の意味は「集合住宅の管理人」というもの。
これがマンションやホテルの鍵を管理する人ということにまで範囲が広がり、その解釈は広がり続け、ホテルの宿泊客の総合世話係という解釈が一般的になりました。
「ホテル以外の業界でもコンシェルジュがいる」ということですが、他業界に関しても「世話係」と言う言葉がぴったりはまります。
 
ワインコンシェルジュであれば、ワインの情報を提供したり、販売する専門家として仕事をすることになるでしょう。
顧客の質問に答えたり、お勧めのワインを選定したりと、ワインに関する「世話係」です。
コスメコンシェルジュに関しても、百貨店などでお客様にぴったりの商品をおすすめしたり、お客様の要望にこたえる世話係としての仕事があります。
 
以上が、コンシェルジュという言葉の意味と語源です。

コンシェルジュの口コミ

給料:22万円

某有名なところのコンシェルジュをしています。契約社員ですが楽しいですよ

コンシェルジュの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧