ジュエリーデザイナーの給料年収・仕事内容・就職採用を解説! | 給料BANK

ジュエリーデザイナーの給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > ファッション・服飾系職業の給料一覧 > ジュエリーデザイナーの給料年収・仕事内容を解説!

ジュエリーデザイナーの給料・年収や初任給を解説!

ジュエリーデザイナーの給料年収を解説します。

jd_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュエリーデザイナーの平均給料・給与

  • 30万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:35万円
  • 初任給:18~万円
    ※企業によって差が出て来るので補足参照

※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ジュエリーデザイナーの給料・年収補足

20代の給料:20万円~25万円(推定)
30代の給料:25万円~30万円(推定)
40代の給料:25万円~40万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
300万円~400万円となると予測されます。
 
ただし、売れっ子になることができれば別です。
有名デザイナーにでもなって独立すれば、1000万円を超える人もいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジュエリーデザイナーの仕事内容

ジュエリーデザイナーの仕事内容は、貴金属や宝石、ビーズやガラスなどさまざまなパーツを組み合わせて装飾品を考えることになります。
簡単に言えばジュエリーをデザインすることですね。
どういったものとどういったものを組み合わせたらどういう雰囲気のものができるのか。
雰囲気などを指定されて作ることもありますし、自分でテーマを決めて作品を考案することもあります。
一般のショップなどで流通するのかしないのか、直接個人にオーダーメイドとして仕事を請けるのかがその時々で変わり、デザインも、流行や注文の内容などに対応させる必要があり、意外とデザインに自由がききません。
 
また、あまり無いのですが、デザイナー自身の手で宝石を磨いたり金属加工をすることもありますよ。

ジュエリーデザイナー画像1

ジュエリーデザイナーの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
25万円~30万円となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジュエリーデザイナーになるには?【資格】

ジュエリーデザイナーとして仕事をするには、特定の資格が無ければいけないということはありません。
免許も資格も必要無く仕事をすることができます。
ただし、この仕事に関係している資格をいくつかとっておくと非常に便利です。
例えば、貴金属装身具製作技能士。
国家資格で、貴金属を使った装飾具などを作る技能を試す資格になります。
また、宝石鑑定士や宝石鑑別士という資格もありますよ。
民間資格で、宝石の鑑定などをする場合にこれをもっておくと便利です。
 
倍率の高い求人を受けるといった場合には、これら二つがあると行うことのできる仕事の幅が増えるため、損はありませんね。
就職は圧倒的にやりやすくなることでしょう。
独立やスキルアップを考えるとどうしても必要になる資格なので、それらを考えることができるように取っておくというのが良さそうです。

ジュエリーデザイナーの求人就職募集はどういうところで探せばいい?

ジュエリーデザイナーの求人就職募集は、インターネットで「ジュエリーデザイナー 求人」と探せばいくらか出てきますよ。
また、気になっているブランドのホームページなどをチェックしてみてもいいかもしれません。
デザイナーを募集しているとホームページで公開するところも多いですからね。
そういったホームページでの求人なども、「ジュエリーデザイナー 求人」と検索すれば出てくる場合もありますが、無差別に探すよりは「ココで働きたい」と決めて就職するのが、デザイン関係では一番です。
 
将来独立などを考えているのであれば、自分と一番趣向が近いところ、自分のセンスと技術を磨けそうなところ。
自分が見ていて「好きだなあ」と思うデザインが多いところの求人募集を探すのがベストです。

ジュエリーデザイナーになるための学校一覧

ジュエリーデザイナーになるための学校をいくつか紹介します。
 
・専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ
創立49年という長さを誇る学校。
全てのコースに20名前後しか在籍していないという少人数制で教えてくれます。
学生の個性を重視するための仕組みです。
工具の名前、どのように使うのか、デッサンの基本的な知識と技術などから学ぶことができるので未経験でも安心。
シューズコース、バッグコース、ジュエリープロダクトコースがあります。
ジュエリーデザイナーになるならジュエリープロダクトコースが良いでしょう。
 
・文化服装学院
ファッション産業について学ぶことができる専門学校。
個人の創造性や独創性に目を向けて独創的な生徒を育成しています。
時代をリードする国際レベルのクリエイターを多数輩出しているのがウリ。
帽子・ジュエリーデザイン科で、ジュエリーデザインを学ぶことができますよ。
 
・新潟デザイン専門学校
CGやグラフィック、イラストにアート、キャラクターデザインに写真・雑貨・ジュエリーなど、多岐に渡る分野のコース・学科があります。
ジュエリーデザイナーを目指すなら、雑貨・ジュエリーデザイン科という学科ですね。
 
・京都芸術デザイン専門学校
専門学校でありながら、併設されている私立大学の京都造形芸術大学の施設を使うことができる学校です。
テレビに出ているような専門家たちが多数出入りする京都造形芸術大学の施設を利用することができるので、かなり人気。
ジュエリーデザイナー関係のコースは、クリエイティブデザイン学科のマイスターレッツ(ハンドメイド)コースになります。
 
・東京モード学園
CMなどでおなじみの専門学校。
ファッションやデザイン、ビジネスやスタイリスト、インテリアなどなどさまざまな学科があります。
即戦力を育てる、就職支援カリキュラムが充実していることで人気です。
ファッションデザイン学科でジュエリーデザイン関係を学ぶことができますよ。

日本で就職できそうなジュエリーブランドってどこ?

給料解説者ぺすくん

日本で就職できそうなジュエリーブランドは、「HASUNA」「Joie de treat」「俄(NIWAKA)」などですね。
上記3つのブランドは実際にインターネット上に求人がありました。
俄は世界でも人気の京都発正真正銘日本のブランドですね。
日本人独特のセンスと知識を存分に活かすことのできるブランドになっています。
あと最近国内ブランドでは、ケイウノやIPRIMOなどもありますね。

ジュエリーデザイナーの口コミお給料

給料:20万円

在宅業務でやってます。なので給料は自分次第です。

給料:40万円

海外の時計装飾でジュエリー扱ってます。

ジュエリーデザイナーの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のファッション・服飾系職業の給料一覧の給料年収一覧