カラーコーディネーターの給料年収・手取り・仕事内容を解説! | 給料BANK

カラーコーディネーターの給料年収、手取り、初任給|「給料BANK」

給料BANK > ファッション・服飾系職業の給料一覧 > カラーコーディネーターの給料年収、手取り、初任給

カラーコーディネーターの給料・年収や手取り額を解説!

カラーコーディネーターの給料・年収を解説します。

cc_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カラーコーディネーターの平均給料・給与

  • 20万円
  • 20代の給料:15万円
  • 30代の給料:20万円
  • 40代の給料:25万円
  • 初任給:15~万円
    ※補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

カラーコーディネーターの給料・年収補足

20代の給料:10万円~15万円(推定)
30代の給料:15万円~20万円(推定)
40代の給料:15万円~20万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
200万円~250万円となると予測されます。
 
他のサービスなどと組み合わせて独立起業すれば、この給料の限りではなく、もっと稼ぐ人が多いです。
ただ、カラーコーディネーターとして1本で食べていく場合は、非常に低賃金なようですよ。

カラーコーディネーター画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラーコーディネーターの仕事内容

色が持っている効果や特性を学び、それをありとあらゆる場所で駆使する職業。
商品やその空間に合ったイメージカラーを提案するのが主な仕事です。
色が人に与える心理的作用(青色は人を焦らせる、赤色は人を落ち着かせるなど)を利用して商品や空間がより効果的にかつ魅力的に機能するようにします。
 
服飾など、ファション関係の仕事や商品などへの色彩戦略の助言、建築やインテリアなどの色彩アドバイス、街づくりにも一役買っていることがありますよ。
仕事の対象は多岐にわたります。

カラーコーディネーターの給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~20万円となりそうです

カラーコーディネーターになるには?【資格】

カラーコーディネーターになるには、色彩感覚や色彩についての知識などを身に着けている必要はありますが、必ず資格が必要というわけではありません。
ただ、摂っていると有利になるのは、東京商工会議所認定のカラーコーディネーター検定、全国服飾教育者連合会認定の色彩検定などがあります。
それらの検定を取得しておくと就職にとても便利です。
 
さらに、独立起業する場合は、それらの資格の証明書を額縁に飾り、お客様の目に入るところに飾っておくと信頼度がアップしますよ。
必ずしも資格は必要ないですが、あったほうが便利といった感じですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラーコーディネーターの求人募集はどこで探せばいい?

カラーコーディネーターの求人は、求人情報サイトなどに載っていることがあります。
ただ、そこまで認知度の高い仕事ではないので、求人が常にたくさん載っているというわけではありません。
求人を探す場合は、こまめにサイトやハローワークなどをチェックしてみるといいでしょう。
 
色彩の専門学校などを出て、専門学校の後ろ盾の元企業に直接就職する人も多いようです。
求人は多くはありませんが、さまざまな企業で必要とされています。
需要は十分にあるので、あとは良い求人が載るのをネットやハローワークをチェックして待ちましょう。

カラーコーディネーターの過去問ってどんなのがでてるの?

カラーコーディネーター検定をとっていれば便利で有利と述べましたが、その試験の過去問にはどのようなものがあるのでしょうか。
実際に出る問題はわかりませんが、過去問を知ることである程度の傾向を掴みましょう。
 
カラーコーディネーター検定の問題は、例えば、次のような問題があります。
 
次の文中の「」の部分に、下の選択肢の中から最も適切なものを選び、マークしなさい。
 
1.この冬は、ボリュームのあるシルエットや衿に特徴のあるコートがよくみられる。図のような衿は「A」カラーと呼ばれ・・・。
 
このように、ファッション関係の色の呼び方を問う問題が出るようです。
他には、どのような色がどのような印象を与えるかを選ぶ問題、その年の流行色の傾向、白黒の絵を見せられ、その絵の色彩がどのようになっているのかを答える問題などがあります。
 
記憶力や感覚を問われる問題のようですね。

カラーコーディネーターは独学でも受かるものなの?難易度は?

給料解説者ぺすくん

カラーコーディネーター検定はほとんどの人が独学で受けているようなので、もちろん独学で儲かります。
難易度は1級になるとかなり高いですが、勉強をしっかりすれば問題なく受かるレベルです。
一年ほどゆっくりと勉強をしてから検定を段階的に受けてみるといいでしょう。
2級から受けて1級にするという人が多いようですね。
就職は2級からがより有利になります。
 
ちなみに、2014年度の2級の合格率は約63パーセント。
1級の合格率は約33パーセントです。
しっかり勉強して本番の試験に臨みましょう。

カラーコーディネーターの口コミお給料

給料:20万円

アパレルでショップの店員をしています。カラーコーディネーターの知識いかしていますよ

給料:22万円

企画・プロモーションチームです。色彩を活かしてデザインやカラーを選んだりしています。

カラーコーディネーターの仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他のファッション・服飾系職業の給料一覧の給料一覧