鷹匠の給料年収や求人募集・なるにはや害獣駆除の単価を解説! | 給料BANK

鷹匠の給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

給料BANK > 動物系職業の給料一覧 > 鷹匠の給料年収・求人募集を解説!

鷹匠の給料・年収や手取り額を解説!

鷹匠の給料・年収を解説します。

鷹匠_top

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

鷹匠の平均給料・給与

  • 11万円
  • 20代の給料:11万円
  • 30代の給料:11万円
  • 40代の給料:11万円
  • 初任給:7~万円
    副業がメイン。給与年収は補足参照ください。

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

鷹匠の給料・年収補足

20代の給料:7万円~15万円(推定)
30代の給料:7万円~15万円(推定)
40代の給料:7万円~15万円
※年齢による給与上昇差はありません。
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
50万円~120万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
 
実際の統計がないため取材によると、7万円~15万円。
年収にすると200万円。
上記は猛禽類のネットショップなど行いながらのため実際には7万円ぐらいが多いかもしれません。
そのため副業としてやる人も多いようです。
 
ちなみに害鳥駆除は一回あたり1万円程度。月に10回やりながら徐々に減らしていくとのことです。

鷹匠画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鷹匠の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
5万円~10万円となりそうです。

鷹匠の仕事内容

鷹匠は、鷹を飼いならして鳥など小動物の捕獲をしている人のことを指します。
職業と呼べるようなものなのかということに関しては首を傾げたいところですが、昔の名残で職業名が残されているため、一応職業と呼べるのでしょう。
収入という観点で見れば、職業として成り立つものではありません。
仕事内容としてはとても単純です。
動物の狩りをしたり、害獣を駆除したりということです。
 
仕事の本音:鷹所の仕事内容や勤務時間・大変なところなど本音をインタビュー

鷹匠の仕事の面白さ・向いてる性格

この仕事の面白いところは、鷹を飼いならすところにあるでしょう。
鷹が好きだという人にとってはたまりません。
狩りというのも、なかなかに男心をくすぐるのではないでしょうか。
鷹匠に向いているのは、鷹を仕事の相棒として育てあげられる人です。
そして、動物をハッキリと「捕獲対象」「害獣」として見ることのできる人です。
あまりにやさしすぎる、動物愛護団体の活動に共感するような人は向いていません。
動物が好きだからという理由で、やるものではないでしょう。

鷹匠になるには?【資格】

狩猟をするということで、狩猟免許のように国家資格があるのではないかと思う人も多いでしょう。
ただ、鷹匠に関して国家資格はありませんし、狩猟免許とはまた別物です。
鷹匠にはそれぞれ流派というものがあります。
 
鷹匠になるには、自分で鷹を購入して、流派が開いている研修会に参加し、入門せねばなりません。
入門してからは鳥獣保護に関する論文を書いて提出したり、実技などによる検定試験を受けます。
それに合格すると、その流派が運営する民間資格を得るのです。
そうして、晴れて鷹匠になります。
鷹を飼うためのお金と根気があり、そして流派の研修会に参加できれば、なるのは難しくはありません。
 
ただし、鷹匠で収入を得て生活をするのはほとんど不可能です。
鷹匠だけで生活をすることは、現在の日本社会においては不可能。
イベントで実演し、イベントの出演料などをもらったとしてもなかなか生活は成り立ちません。
鷹匠はサラリーマンの趣味として行われていることが多いです。
収入が副業程度にしかありませんから、副業としてはちょうどいいということですね。
 
実際に鷹匠になろうと思えば、適正が必要となります。
適正さえしっかりとあれば、難しくはありませんが、通常数年はかかるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鷹匠の求人募集の探し方

鷹匠には特に求人というものがありません。
彼らの仕事となるような案件はどこから来るのか、そういったルートはあまり公開されていませんが、おそらく協会から紹介されるものでしょう。
鷹匠についてはネット上に情報がほとんどなく、鷹匠関連の本などもほとんど見られません。
本当に情報が少ないのです。
 
害獣駆除案件は、おそらく協会伝か個人的に依頼がされるのでしょう。
国家資格である狩猟免許取得者は、自治体から仕事をもらうので、似たような雰囲気だと思われます。

鷹匠の種類

現在では鷹匠という言葉はほとんど失われてしまったと言えるほど、鷹匠の数が少ないです。
職業として鷹匠をしている人はなおのこと少なくなっています。
元々、鷹匠には二つの種類がありました。
ひとつは昔将軍や皇族に使えており、鷹の調教・狩りまでを行っていた宮仕えの鷹匠。
もうひとつが、鷹を使った狩りで生計を立てている人です。
後者のほうが、現代のイメージに近いでしょう。

害獣駆除は単価どのくらい?

給料解説者ぺすくん

先ほど述べたとおり、鷹匠に関しては情報が少なく、多くがなぞに包まれています。
害獣駆除に関しても、鷹を使った害獣駆除がどのようにして行われるかなどの情報は出てきますが、その単価までは出てきません。
平均給与のことを考えれば、害獣駆除の単価は次のいずれかのパターンに当てはまることが考えられるでしょう。
 
まずひとつ、害獣駆除1件当たりの単価が数万円である。
そしてふたつ、害獣駆除の件数が多く、1件あたりが安い。
現代における鷹匠という言葉の浸透具合から考えると、前者でしょうね。
単価に関しては、昔からあまり変わらないのでしょう。
それこそ鷹を使った狩りだけでも生計を立てることができた時代には、現代で言うところの数万円単位の単価で何件もの依頼をこなしていたと思われます。
生計を立てることができた時代がいくら遡るかによりますが、金銭の価値的には似たようなものになるでしょう。
 
ちなみに、鷹を使った害獣駆除ですが、現代では鳩やカラスを追い払うのが主流のようです。
これは上空で鷹を飛ばしているだけで、鳩が勝手に逃げていきます。
鷹が飛んだ場所は生態系が変わるとも言われていますから、飛ばすだけでもかなりの効果があるのです。

鷹匠の口コミ

給料:15万円

訓練以外にも法律等かなりの勉強が必要。

鷹匠の仕事の面白さや給料を教えてください

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

下記より評判を投稿する

その他の動物系職業の給料一覧の給料一覧